家族葬のお知らせを受け取った場合のマナー

subpage01

最近、都市部を中心に家族葬と呼ばれる形態の葬儀が執り行われるケースが増えています。
これは、通夜から火葬まで全て故人の近親者のみで執り行い、一般の弔問客の訪問を受けないお葬式です。



後日、一般の弔問客のために告別式や社葬などを執り行う密葬とは異なり、家族葬の場合は近親者以外の人は一切葬儀に参加しません。もしも知人が亡くなって遺族の方から家族葬を行う旨の連絡が届いたら、弔問に訪れるべきかどうか悩む場合があります。



葬儀が執り行われる前に通知を受け取れば、葬儀に参列しなければならないと感じるかもしれません。

仮に葬儀前に通知が届いたとしても、家族葬であれば近親者以外の人は訪問すべきではありません。

お知らせのハガキなどに葬儀の日時や喪主が書かれてある場合でも訪問すべきではありません。

エキサイトニュースを情報をお探しの方はこちらのサイトがおすすめです。

但し具体的な葬儀の予定が知らされている場合には、弔電だけは受け付けるものと解釈できます。

家族葬が執り行われる際に近親者以外の人が出席ができるのは、遺族の方から明確に参列のお願いを受け取った場合だけです。
お葬式を執り行う立場の人も、近親者や親戚以外の故人の知人に対して配慮を払う必要があります。列席してほしくないのに葬儀の具体的なお知らせを送付しないようにします。

葬儀後に知らせるか、具体的な日時や場所を明記しないようにします。
近親者以外の立場で葬儀に呼ばれなかった場合でも、そのことについて遺族の方に苦言を言うべきではありません。どのようなお葬式を執り行うかについては、故人の遺志や近親者が決めるべきことだからです。