家族葬を行う上での注意点

subpage01

最近人気の高い家族葬ですが、慎重に検討しておかないと思わぬトラブルに発展しかねません。普及し始めたばかりの新しい葬儀のスタイルですので、メリットばかりでなくデメリットについても考慮したうえで利用するように心がけたほうがいいでしょう。
家族葬を行う上で注意しておきたいことの一つに、親族の同意を挙げることができます。



家族葬は本当に近い立場の人たちだけが参列するので、親族の中には参列できない人もでてきます。

なかには保守的な意見を持つ人もおり、家族だけで葬儀をすることに反対する人が出てくる事態も十分に予想されます。



親族間の争いとなると泥沼化することもありますので、無駄なトラブルを避けたいのであればしっかりと話し合ったうえで実施しなければいけません。

またコスト面でも注意が必要です。
一般的な葬儀と比べると確かに家族葬は料金が低く設定されているのですが、一般参列者が存在しないので、集まる香典の金額も当然ながら少なくなります。

毎日新聞に関する情報探しで困った時に見てほしいサイトです。

香典には相互扶助の役割があり、葬儀費用に充当するのが普通ですが、家族しか参列しないのではそれが難しくなります。結果として葬儀費用が高くついてしまう可能性もありますので、この点についても考慮しておいたほうがいいでしょう。
さらに家族葬は周囲の人に知られることなくおこないますので、地域の人などが後から香典をもって自宅までお悔やみに来ることもしばしばあります。

葬儀の後しばらくはこのような対応に追われる可能性があることも十分に考えておきましょう。