家族葬を活用して故人の希望するお葬式を行う方法

subpage01

一般弔問客の訪問を受けない家族葬は、お葬式の費用を抑えて遺族の負担を軽くすることができます。



家族葬のメリットは、単にお葬式を行う金銭的な負担や弔問客への対応を軽減できるというだけではありません。
最近は団塊の世代より若い人たちの間で、葬儀の場で音楽を演奏する音楽葬や宗教的な儀式を伴わない無宗教葬などの自由葬を希望する人が増えています。



首都圏などの都市部においては、キリスト教式葬や神式葬よりも自由葬の方が多く行われているほどです。
自由葬で、葬儀の際に音楽を流すことを希望する人も多くいます。
団塊の世代の人であれば、昭和時代の流行歌やロックなどを希望する人もいます。

YOMIURI ONLINEの詳細情報となります。

明るい雰囲気のお葬式を希望する人もいます。


故人が生前に形式にとらわれない自由なお葬式を希望していた場合がありますが、内容によっては周囲の理解を得るのが難しい場合があります。
例えば葬儀の間に音楽を流すことを希望していた場合に、故人の遺志でもロックや恋愛をテーマにした流行歌をお葬式の場で流せば親戚や一般弔問客を困惑させる場合があります。周囲の理解が得られにくいような故人の希望を尊重するために、家族葬を活用することができるかもしれません。

家族など故人の理解者だけで自由なお葬式を執り行うことができます。家族葬は小規模な会場で式を行うことで費用を抑えることができるので、質の高い式を行うのに予算を振り向けることができます。
一般弔問客の訪問を受けない家族葬の最大の魅力は、自由な形式で故人の希望を反映することができることなのです。