信用できる葬儀社で家族葬を行う

subpage01

一般的に家族葬は、家族、親族などの近親者だけで葬儀を行い、近親者以外の方々の参列をお断りする形態の葬儀のことをいいます。



近年、高齢者の人付き合いの希薄さや高齢化による故人の友人などに参列を依頼する煩わしさや、その方々へのわざわざお越しいただくことが申し訳ないなど理由から、家族葬を選択される方がかなり増えています。
この形態の葬儀は親族だけという参列者の人数の正確な数や予算の変動と言った変動数の幅が狭くなるので予算が立てやすいといったメリットがある一方、一般葬で遺族の収入となる香典・弔慰金がほとんどないので一般層よりも持ち出しが多くなるということもあり、後々葬儀社とのトラブルの原因になる場合があるので、生前の打ち合わせなど説明をしっかり受けることが重要です。
実際問題、乱立する葬儀社の価格競争の中で、「家族葬で料金を抑えて費用負担を軽減できます」と言った、セールストークをする業者が多くあります。ところが祭壇の費用や僧侶の手配や会場の料金などは一般葬も家族葬もほぼ同額と言うことを葬儀を上げる側がしっかり把握することが大事です。実際の収入と支出をしっかり計算して葬儀社のセールストークを鵜呑みすることがないことが我々消費者に求められております。



最後に最も重要なことは、いかに信用のおける葬儀社と出会えるかということです。元気なうちに自分の葬儀を考えたくないのは当たり前のことですが、残された遺族のために今のうちから情報収集することが最重要であり自分の責任であります。

産経ニュース情報探しのヒントをお教え致します。